skip to Main Content

浅草観音うら 一葉桜まつり概要

浅草寺の北側500メートルほどのところを東西に通っている「一葉桜・小松橋通り」(長さは千束3丁目交差点から浅草7丁目交差点までの約800メートル)で毎年4月第2週の土曜日に開催しています。
当まつりは、小松橋通りに131本の一葉桜が平成14年に植樹され、江戸開府400年にあたる平成15年から始まったものです。この機に小松橋通りも「一葉桜・小松橋通り」と名称を変えています。現在では、通算2.5kmの通りに約320本の一葉桜が植えられ通りを華やかにしています。

一葉桜は、花芯から一本の葉化した雌しべを出すことから名付けられた淡紅色八重の花が咲く桜木です。地元の人たちが、落ち葉掃除などの日頃の世話を丹精込めてしている一葉桜並木は今や町のシンボルとして愛されています。まつり当日は、地元の児童・園児のブラスバンドなどによるパレードに始まり、街角特設ステージでは「吉原の狐舞」などさまざまな催しを企画しています。

目玉である「江戸吉原おいらん道中」は千束3丁目をスタートし、一葉桜の並木の中を練り歩きます。その後ステージで「花魁ショー」を披露します。ステージ正面の柳通りでは、地区町会女性部による「模擬店」や有志参加者による「フリーマーケット」も開催されます。

アクセスマップ

※画像クリックでgoogleマップが開きます。

Back To Top